キューバ🇨🇺葉巻旅

葉巻とキューバについてな🇨🇺ディープな話

葉巻こそ我が人生🇨🇺使えない部下同行編 その6

前日飲み過ぎ迎えた二日酔いのハバナの朝。ズレた男より一足先に起きた私は、冷蔵庫に残して貰った

キューバのビール クリスタルで迎え酒をしながら、キューバでしか出来ないがテーブルに転がっている

葉巻に火を点けた朝シガーだ。しかも初日にセキュリティーのお兄ちゃんから買ったコイーバ ロブスト

朝からヘビーだがキューバなら余裕だ。そうこうしているとズレた男が起きて来た。あ、おはようございます。朝ごはんですか?うん、まあ、そうだね。

すぐ行けますよ。いや、俺が風呂に入りたいから待ちなさいな。はい。僕水のみたいです。ビールしか無いからビールを飲むか水道の水を飲むかにしろ。

と言ったら水道の水を飲んでいたw やはりズレているが、腹もズレてるらしく昼まで元気だったw

その後朝ごはんを食べに降りて言った。キューバの朝ごはんは大体同じ、オレンジかグアバのジュース

びっくりするぐらい薄いコーヒー、黄身の色が薄い目玉焼き、粉割合が薄い軽いパン 脂身しかないベーコンだ。慣れたらなんて事ない。が、隣にいた〇〇テレビの〇賀さんは、フリーズドライの味噌汁と梅干しを摘んでいた。海外に来てまで日本食?と思うが今なら分かる。歳を取ると皆そうなるだろう。まあまだキューバで日本食といえば、海苔巻きにパイナップルとマグロ風な魚が巻かれた寿司がでる、サンティぐらいか。たまに行く。味よりロケーションが、良いからwで、朝食の後 少しブラブラしてみた。f:id:kouki50927:20180608085838j:image

近くの海沿い 運河を挟んで要塞がある。この要塞の中な葉巻屋にクエトというエロトルセドールがいるw

で、ここから左側に歩いて行くと右手にハバナクラブ博物館があるのだ。ズレた男を連れて2人でハバナ博物館の見学をしたはずだが覚えていない。沢山行きすぎてどれがどれだがわからないw だが、この笑えるエピソードだけ覚えている。ズレた男の注文はこれまで私がして来たのだが、ズレた男が竹中さん僕自分で頼みたいんですけどと言って来たんで好きにしろよと伝えたら、嬉しそうにウエイトレスに声を掛けてキューバリバーを、頼んでいる。私は早々にビールを、頼み彼の注文を、眺めていたw キューバリブレ。これが全く伝わらないw 発音と顔?が、悪いのか。何回も頼んでいる。私の方が業を煮やしてラムコークて頼めよ。伝わるから?と、言ったが俺の意見は聞かないwで、何とか伝わったらしく汗をかきながら頼んだズレた男が何とか伝わりましたと、何が悪かったんですかね〜と聞くから言ってやった。顔が悪いんだろうw顔は関係ないでしょ〜と笑っている。で、私のセルベーサ クリスタルビールが届きズレた男のが届いた。何とオレンジジュースだったw腹を抱えて笑ってしまったwww結局、キューバリブレは私が頼んでやった。自分で頼んだりするのは、まあ大事な事だがいちいち面白い男だと思うw 

f:id:kouki50927:20180608093041j:image

ここから歩いてパルタガス工場に行く事にしたが、途中暑くてバテたんで自転車タクシーに乗った。しかし、確か途中のキューバのコンビニ風 ビールやら水やらサンドイッチが売ってる場により、私はビールをズレた男はサンドイッチを追加していた。また自分でやりたいと言うから任せたが、ほとんど指差し確認だった。私のビールは良かったが、ズレた男のサンドイッチはハムが良かったらしいが、油ギトギトなベーコンになってしまったと憂いていたw 

で、自転車タクシーを捕まえて一路 パルタガス工場へ向かいました。数年前の話し何でカピトリオの裏にある旧パルタガス工場だ。入り口にショップのある方だ。f:id:kouki50927:20180608102118j:image

で、入り口に右にあるショップ兼バーでまた、ビールを飲み葉巻を吸った。素晴らしいかった。キューバにいる間はずっーとビールを飲んでいるスタイルは今も変わらない。暑すぎて酔わない気がするw

このショップの右奥には、VIPルームがあるが、この部屋に私が入れるようになったのはもう少し先だと思う。で、確か最期の工場見学を無理やりしたw 

チケットは無かったが、〇で、何とかしたwよいこは真似しちゃダメだよw もう、引っ越す間際だったか色々と乱雑に荷物が置いてあったのを覚えている。

カメラは当然禁止何で、写真は無い。あるのは思い出だけだwで、その後、どの順序だったかな?と思いが色んな葉巻屋をぐるぐる回った筈だ。で、また夜が始まる。という事で、今回はここまでだ。