キューバ🇨🇺葉巻旅

葉巻とキューバについてな🇨🇺ディープな話

2020年葉巻こそ我が人生🇨🇺 ニューヨーク🇺🇸キューバ🇨🇺ハワイ🌺何故かカナダ🇨🇦編 No.1

令和2年。本厄の俺の今年最初のキューバが始まる

都合63回目のキューバ🇨🇺毎月キューバに通う私は、

世界中の葉巻達に出会う為毎月経由地を変えながら最終的にはキューバ🇨🇺を目指す。先月はヨーロッパを経由したが今回は葉巻の為というよりも、我が盟友であり最高の落語家桂三輝に会う為にこのルートにした。彼は、カナダ🇨🇦出身の落語家で元々は歌舞伎役者になりたくて我が日本を訪れたのだが、皆さんもご存知の通り歌舞伎は世襲制を引く為外国人がスターになる事は極めて難しいと言えるだろう。銀座時代に私を可愛がってくれた不動産会社会長であり日舞を嗜み、日本の伝統文化に造詣の深い我が姫?ん?やり手の大きいお姐さん?いや、女性経営者が1番分かりやすいか?まあ素晴らしい人格者であり私の事を可愛がってくれた方が私に言うのだ。

私が今可愛がってるのは全部で3人なの!はい。と

中村勘三郎、中村橋之助、竹中光毅よ。と。え?

いやいや、前の2人と私は並ばないでしょwと言うと

私からしたら変わらない、皆頑張っているわ。と。

あなただけ多少若いし、格は下がるかも知れないけど私を楽しませる事に変わりないと、、、、、

勿体なきお言葉です。と。姐さんは行動力があり

色んな場所に顔を出されるのだが、私を歌舞伎にも

お連れ頂いた、それで多少だが歌舞伎を勉強した。

中村勘三郎さんの最後の公演にも運良く顔を出した。姐さんの顔で花道側の良い席をご用意頂いた。

と、話は逸れたな、違う違う、何処に行くんだ俺w

とまあこんな流れで、多少は日本の伝統文化に触れていたから桂三輝が、歌舞伎役者になれない事はよくわかってる。因みに桂三輝は、三に輝くと書いて

桂サンシャインと読む。桂の名を冠する中で、私の中では1番名門の桂三枝師匠、今は文枝師匠のお弟子さんだ。歌舞伎役者になれないと分かったサンシャインは、落ち込んだが同時に触れた落語と言う大衆文化に魂を引かれ、当時の桂三枝師匠を出待ちして

3日3晩土下座して頼み込み、その熱意に負けた三枝師匠が、100年振りの外国人落語家桂三輝を弟子に取ったのだ。サンシャイン曰く、2度とやりたく無いと言う厳しい修行時代を突き抜けて、今立派に落語家として花を咲かせている。サンシャインと私の出会いは、私の西麻布の店舗兼自宅の真裏、西麻布に住んでいたのだ、いつも夜遅くに帰って来るサンシャインは、うちの店に毎日の様に顔を出してくれていた。そのサンシャインの1番の強みは、英語で落語が出来ること。我が国の伝統文化を世界に羽ばたかせる素晴らしい事である。その桂三輝が、夢だったアメリカニューヨーク 🇺🇸ブロードウェイでロングラン公演を決めたのだ。実は5ヶ月前のオープニングイベントにはサンシャインに招待されて一度ニューヨーク を訪れているのだが素晴らしかった。誇りに思うほどの成功振りであった。その時の写真がこれだが

相変わらずお互い地味であるwww

f:id:kouki50927:20200121015024j:image
f:id:kouki50927:20200121015009j:image
f:id:kouki50927:20200121015020j:image
f:id:kouki50927:20200121015014j:image

f:id:kouki50927:20200121015034j:image

誰だ?この青いおじさんは。と、まあ流して欲しいw

その時のパーティーでサンシャインは、私に今は3ヶ月しか決まって無いが、必ず成功させて、更に長く

このニューヨーク でロングランを決めてみせると、

流石に煌びやかなニューヨーク のブロードウェイ

世界一のショービジネスの本場であるが初公演を決めるのも凄いが、その公演が成功を治めると更に長く劇場側より契約延長を求められるのだ、逆に失敗すると借金だけ残り、早々に追い出される。その世界一厳しい環境化でサンシャインは、更に3ヶ月のロングランを決めたのだ。素晴らしい事であり喜ばしい事だと思う。その快挙に私は今一度、ニューヨーク に足を運ぶ事を決めたのだ。前置きだけで終わりそうになったが、ルートはいつものカナダ🇨🇦トロント経由を、トロントでストップオーバーしてニューヨーク に入り今一度トロントに戻りキューバへ向かうルートだ。ニューヨーク から直接キューバ🇨🇺も行けない事も無いのだが、アメリカにキューバ産の葉巻を大量に持ち込めないから、このルートがベストになる。という事で今回の旅が始まる。いつもは下駄と半袖半ズボンで羽田空港に向かう私だが、今回は極寒のニューヨーク と言う事でいつもより厚着で羽田に向かう。雪不足で暖冬な日本では暑過ぎるがこれで飛行機に乗る事にした。暑い🥵

f:id:kouki50927:20200121020505j:image
f:id:kouki50927:20200121020508j:image

私の歴戦の相棒、グローブトロッターのトランクケースは、何と19歳の時に買ったからもう、22年共に世界を闊歩している。最早ボロボロだが、形を保っている限りコイツで行きたい。いつもより早めに羽田に着き、余裕を持って飛行機に乗り込み、寝る準備万端でシートに腰掛けていた私に恐ろしいアナウンスが聞こえて来る。この飛行機は、バンクーバー行きに変更になりましたと、、、え?なんだって?

聞き間違いか?まさかそんな、まだ飛んで無いのに

トロント行きがバンクーバー行きになる筈が無いと

もう一度聞いたが、うん。バンクーバーとアナウンスしている、、、、旅の始まりは大波乱の幕開けからスタートした。嘘だろエアーカナダ🇨🇦🤯

次回、俺は何処に行くんだ編w