キューバ🇨🇺葉巻旅

葉巻とキューバについてな🇨🇺ディープな話

コロナ禍でのヨーロッパ葉巻旅 その2 葉巻こそ我が人生 フランス編

f:id:kouki50927:20211015064857j:image
f:id:kouki50927:20211015064853j:image

アブダビからパリ行きの飛行機に乗り込み約8時間

言わずと知れた花の都パリに到着だ〜。1回目のロックダウン明け直後のフランス🇫🇷パリは今とは違い物凄く緩かった!こちらも、色々入国に対して事前に準備したフランス外務省発行の健康管理シート等、

きっちり記入して色々な受け答えを頭の中で準備していざイミグレに到着したが、呆気なく、何のチェックも無く入国出来てしまった。2020年7月この頃はまだワクチンパスポートもPCR検査結果も必要無かった。ここから私は何度も何度もヨーロッパに訪れているが少しずつ入国が厳しくなった。最終的にはフランス🇫🇷はもう一度国を閉じたが、この頃はまだ簡単に入国出来ました。さてと着いたぜパリという事でいつもなら、パリ北駅行きの電車の切符を買って市内まで向かうところだが厳戒体制のヨーロッパであったのと私のフランス🇫🇷滞在時間は5時間程しか無かったので、空港から一気にパリの老舗葉巻屋

ル ロータス 発音的には違うのだがまあ良し。

にUberで向かった。便利な仕組みだ行き先の住所を打ち込めば車に乗り込んでから運転手さんに、あーだこーだ言わなくて良いし、道を間違えようが遠回りされようが値段はコミットされてるから変わらないし、アプリにルート地図がそのまま出るから後何分で着くか?今何処にいるか?一目瞭然だ。素晴らしいが、タクシー🚕さんは近い将来死滅するな。

一部特殊なタクシーさんだけが白タクとして残るだけだろう。例えば私が使う葉巻が吸えるタクシか?素晴らしい特殊なタクシーだ。という事で一気にパリの葉巻屋さんに着いたぜ。凄い品揃えだったこの時期にわざわざリスクを冒して葉巻だけを買い付けに来る物過ぎは僕しか居ないという事で、めちゃくちゃ喜ばれた。うわぁー青い日本人じゃ無いか〜 

と言われて歓待されたwww店の中にはフランスで見つけたかった子達が山積みだ。めちゃくちゃあるじゃ無いかあ〜 

ケドルセ セナドレス

フランス限定のカピトリオ

アップマンサーウインストン

等選び放題でした。

 

f:id:kouki50927:20211015071515j:image

f:id:kouki50927:20211015064929j:image
f:id:kouki50927:20211015064918j:image
f:id:kouki50927:20211015064901j:image

素晴らしい品揃えでフランスでの仕事は、パリについて約50分で終わった。もう他の葉巻屋さんに行く必要も無いという事で少し長めにヨーロッパの葉巻事情やコロナについて等店の方々と談笑して情報を貰った。ついでに何冊か持って来た自らの著書を手渡して記念撮影までして貰った。また直ぐ来るから宜しくお願いします🤲と伝えて店を後にした。

その後どうしようかな?と悩んだが観光に来た訳じゃないし、フランス🇫🇷に行きたいとこも無かったので、もう移動しちゃおうと、ヨーロッパの鉄道が予約出来るアプリを開いて次の国ベルギー行きのタリス🇧🇪を探したら次は3時間後だった、、、、ちょっとあるなあとは思ったがリスクを冒さず出発駅であるパリ北駅に移動して遅めな昼食を取る事にした。私にとってのパリは、シャンピニオンオムレットとクロワッサン🥐があれば後はもう要らない。この2つで十分パリを満喫出来るのだ〜 という事で駅まで戻りお気に入りのカフェで葉巻を吸いながらお昼ごはん

何度も見つめたパリの街並みだけどやはり何処かもの静かさがあったように思う。

 


f:id:kouki50927:20211015064910j:image
f:id:kouki50927:20211015064914j:image
f:id:kouki50927:20211015064905j:image
f:id:kouki50927:20211015064922j:image

という事で、苦労してやって参りました私のパリ滞在は、5時間どころか泊まる事もなく、4時間で次の国ベルギーに🇧🇪移動するのだが、目的は全て果たしたので凄まじい満足感を持って離れる事が出来た。

f:id:kouki50927:20211015072540j:image
f:id:kouki50927:20211015072537j:image

という事で私は一気に次の目的地ベルギーアントワープを、目指した。若い頃は、憧れて憧れていつか乗ってみたいと思っていたヨーロッパの赤い稲妻⚡️今では日本の新幹線並みに乗りまくっている

タリスに軽やかに飛び乗り一路ネロとパトラッシュの街アントワープへ 車内はやはりコロナ禍でのヨーロッパで、誰も乗って居ない。アントワープ迄は約2時間かな?あっという間に着き、駅前のホテルをタリスの中で予約してそのままチェックインした。

f:id:kouki50927:20211015073430j:image
f:id:kouki50927:20211015073427j:image

いつもとは気分を変えて違うホテルにしてみたが、辞めとけば良かった。いつものホテルが1番だ。

1泊91€だからまあまあな、ホテルの筈だが、、、

ロビーは、暗いし洗面所の蛇口が豪快に取れたりした。まあまあそんな事もあるさと、で、到着したので仲良くしている友達?というか我が子の様な存在だと私は思っている恐れ多くもサッカー元日本代表

やんちゃ盛りな小林祐希に電話した🤙予定より俺早く着いたが、祐希は?どんな感じ?と!

あ、タケナカサンマジ来たんすか?と、言うから冗談で来ないだろ?と返した。

彼はその時は、隣町のベルギーのサッカーチーム

⚽️🇧🇪バースランド.ベフェレンに所属して居た。

どうしたら良いかね?俺が行くか?と聞いたらちょっと待っててください。と言うから少し待って居たら、タケナカサン大丈夫っす🙆‍♂️ ミヨッシーが迎えに行きます!!!と、言われた。???ん?ミヨッシー?と言う事で、本日はここまで、次回は

俺をホテル迄迎えに来てくれた凄過ぎる2人!だ。